Vb net datagridview cellvalidating

Here's the code I've come up with so far: When I close the Message Box (which shows exactly when the condition is met), the focus goes to the row below.As I said, I would like it to remain in the cell that has the duplicate content.Formatted Value に入っている値をチェックするロジックを入れる。 不正な値の時は「Cancel Edit()」メソッドを実行すると、変更前の値に戻る。 あと「e. Cancel = True」も必要(理由は後述) 「1」を入力した時に自動で「001」に補完したい時は、Data Grid View の Cell Parsing をハンドルする。 「e. Parsing Applied = True」する。 Enterキーを押下したり、Data Grid View の別のセルに移動したら編集は確定されるのだが、 そうではなく、同じフォームの「メニュー」項目をクリックしたり、 クローズボタンを押した場合は確定されず、編集中状態のまま、イベントが開始されてしまう。 こういう場合、編集中状態を解除するには 2種類方法があって、 (Data Grid View). Validate のいずれかを呼ぶ。 前者を呼ぶと編集は強制確定されるのだが、Cell Validating とか呼ばれないので、 おかしな値がそのまま入ってしまうこともある。よってお勧めしない。 後者の場合、フォーム中のコントロール全て(つまり Data Grid View含む)に対して登録操作が試みられる上に、 ちゃんと Data Grid View では Cell Validating が呼ばれるので、不正な値もちゃんとはじいてもらえる。 で、ここで値をはじいた場合、新に行おうとした操作もキャンセルすべきだろう (編集前の不本意な値で操作を続行されると不都合な結果になる)。 ここで生きているのが、先程の「Cell Validating での e.

Data Grid View とは、便利なスプレッドシートっぽいコントロールでいろんなことができて便利だが、小難しいことをやる時には、 小難しいことをやらないといけなくて、そろその脳がオーバーフローしつつある。 いちいち過去のソースを見るのも面倒になってきたので、ここに覚えがきを書いておく。 Cell Validating をハンドルして、e.

This makes more sense when we think about a Text Box column.

We would not want the Cell Value Changed event firing every single time a letter was added to a person’s last name.

How to efectively validate data entry inside a Data Grid View. Late Validation: This validation is performed after the user is done entering data.

Well, after doing some research and a bit of trial and error, found out a couple of approaches. For the specific project i was working in, it was the perfect choice.

971

Leave a Reply